ISO27001に対する誤解

ISO27001(ISMS)に関してはよく誤った認識を持っている方も多いようです。
その「誤解」の1つに、「とにかく大変である」ということが挙げられます。

まず結論から言うと、「ISO27001の取得は、大変でもないし簡単でもない」ということです。
ISO27001のシステム構築には、マニュアルを作成することが必要になりますが、「大変だ」という認識は、理想的なマニュアルを作成しようとするがあまり、その後、現実的に対応できなくなっているということから来ているケースがほとんどのようです。

あまりにも細かいところまで記述された分厚いマニュアルを作ってしまうと、後々、見直しや改善を行う際に大変なことになります。
しかし、だからといってマニュアルをスリム化しすぎて内容の薄いものになってしまってもいけません。

ISO27001の取得は、大変なものにしようとすればいくらでも大変なものにでき、逆に楽にしようとすれば、いくらでも楽にすることができます。
大変なものにするか、楽なものにするかは自分達の取得活動にかかってきますが、大切なのは「バランス」であることを認識しておくことが必要です。

東京の葬儀社の評判が知りたい

東京の葬儀社の評判が知りたい

残念なことに、近いうちに、東京で身内の葬儀をすることになりそうです。
土壇場でバタバタとして、ちゃんとした葬儀をできないのは故人に申し訳ないと思い、今のうちから葬儀社を探し始めています。

近所で見かけた看板や、病院近くの葬儀社の情報などを、インターネットで調べようとしたのですが、あまり詳しい情報は出てきません。
葬儀社の評判を書くサイトやブログは、ないですから、仕方ないかもしれませんね…

ネットで探して、上位にくるところが大手というわけでもないですし、大手だからといっていいわけでもない。
困ったことに、東京は葬儀社の数も多く、選びようがないのです。

値段だけに注目してみるならば、安いところは、10万程度で葬儀ができますし、大きいところだと最低でも50万からでした。
この料金の違いはなんなのか、事前無料相談で話を聞いてみたいのですが、自分に事前知識がないと話の意味もわからないでしょう。

しかし、葬儀を値段だけで決めるのはどうかと思っています。
故人の人生において1度だけのことですから…
小さくても、面倒見のよいところがいいと思いますし、大手でも担当者の対応がよいなら安心ですし、いずれにしても自分で見てみないことにはわからいませんね。
もし、東京の葬儀社の評判を知るサイトがあれば参考にしてみたいのですが…

自動車学校の合宿料金が安いわけは?

自動車学校の合宿料金が安いわけは?

自動車学校の合宿料金は、通学に比べて約10万円ほど安くなっています。
同じ自動車学校に行くのに、地元の通学の人と、遠方からくる合宿の人の料金が違うことに納得いかない人もいるかもしれません。

自動車学校にも、繁忙期とそうでない時期があります。
繁忙期以外は、田舎であるほど生徒が集まりにくいのが現実です。
どの自動車学校も生き残りをかけて、遠方から人を集めたいのです。

しかし、合宿の生徒の場合は、スケジュールをかなりつめこまないといけないため生徒が少ない時間帯にスケジュールを入れることが多いです。

そうすることで、空き時間も出ませんし、人件費も無駄にならないのです。

宿泊施設は、大勢まとめてくればくるほど経費削減できます。
例えば食事は、いっぺんに多く作ったほうが安く仕上がります。
そのため自動車学校では、大勢を集める工夫をしているのです。

要は、自動車学校の空いている時間をフル活用するので、合宿は安くすることができるのです。

生徒の希望する時間に合わせられないので、ぎゅうぎゅうに詰まった日もあれば微妙に時間が空いてしまったり、午前中はいっぱいなのに午後からずっと暇という日もあります。

安い分、妥協しないといけないポイントは必ずありますね。

東京都・ワンランク上のリフォーム

東京都・ワンランク上のリフォーム

東日本大震災が起きてから、家族のつながりを大切にしたいという人が増えてきています。
東京都の住宅事情を見ても、リフォームなどの件数も増えはじめている傾向にあるのだそうです。

「バブル時代、外に出て遊ぶスタイルが定着していました。」

「けれども現在では、仕事よりも家庭に比重を置き始めている傾向があります。」
「家にいかにお金をかけるかに、皆さんの意識が変わってきているのではないでしょうか。」
「東京都内でのリフォーム件数も、これからさらに増えていくものと思われます。」

ある住宅情報通の人は、こう分析をしています。
エコ志向の高まりから、最近では東京都のリフォームにも変化の兆しがあるといいます。
「珪藻土と無垢材などの天然素材が好まれるようになりましたね。」

「ある程度コストをかけても、一生住む家に付加価値を付けたいという方が増えているように思います。」
最高の素材から、いまある家をワンランク上に上昇させる…それが今の風かもしれません。